レジャー好きではない僕が、久々に温泉ドライブに出掛けたときの楽しみ方

SPONSORED LINK



みなさん、こんにちは!

最初に言っておきます。これは日帰り温泉のレポではありません。

なにせ僕は温泉があまり好きではありません。

しかし、そんな僕も妻の為にと、久々に週末日帰り温泉ドライブに出掛けてきたので、そのときに考えていたことを記事にしてみました。

家族サービスの為にと頑張っているお父さんのお役にでも立てれば幸いです。

それではいってみましょう。

人はなぜ遊びに出掛けるのか?

そもそも僕は、高い交通費や入場料などを払って、お出掛けすることの意味がわかりません。

「そんなの、気分転換に決まってるだろ!」という声が聞こえてきそうですね。

そう、そこなんです。

要するに、日常が退屈だったり、窮屈だったりするから。

例えば、1週間のうちフルで働いている5日間は超退屈で「早く終わらないかなぁ~。ほじほじ。」と過ごし、ようやくやってきた2日間の休みは慌しくアチコチへ遊びに出掛ける。しかも、せっせと平日に稼いだお金を使ってです。

それって本当に幸せなの?と僕は考えてしまうわけです。

日常がもっとエキサイティングでクリエイティブで、「毎日楽しいー!」っていう方がより幸せなんじゃないかなと。

目的地よりも、その道中を楽しむ

そんな考えが根っこにあるもんなので、せっかく出掛けるときには目的地だけじゃなくて、移動している時間こそ「何か発見ないかなー」とキョロキョロして楽しむことにしています。

今回向かった先は奥多摩を越えて山梨県丹波山村。

クネクネした山道ドライブも楽しみながら、ふっと渓谷を覗き込むと小さな集落を発見。

「こんなところに住んだら、どんな暮らしになるんだろうね~!」

と気になって、ちょっと降りて河原で昼食を食べることにしました。

人工的な施設よりも、自然を楽しむ

「自然」なんて言葉もおかしなもんだとは思うんだけど、やっぱり自然な風景は癒される。僕は特に「水のある風景」が好きです。

まぁ、本当の手付かずの原風景なんてのはめったにあるものではないけど、都会のビルやアスファルトに囲まれているよりかは、全然落ち着く。

最近では道の駅も綺麗になって、それはそれで助かるんですけど、やっぱり良いなぁって思う場所は、僕の場合は人工物の少ない景色だったりします。

でも、せっかくなので、温泉は楽しむ

「あれ?結局楽しんでんじゃん!」

いやいや、そりゃそうですよ。せっかくだし。

今回は「道の駅 たばやま」に併設されている「のめこい湯」という温泉に行ってきました。

ほんのり硫黄の臭いがする透明な温泉で、少しだけ肌触りがヌルヌルとする温泉でした。

1時間くらいで一通りの風呂を満喫して、あがったあとはお肌がツルスベ。「のめこい」というのは、この地の方言で「つるつる」という意味だとか。

妻も喜んでくれましたとさ。

まとめ

なんだかんだ言いながら温泉ドライブを満喫してきましたが、「日常こそ、もっと楽しもうよ!」というのは僕の本音です。

そのために移住の準備をしている真っ最中です。

みなさんも、「必死に稼いで、たくさん消費して」という、今の暮らしに少しでも疑問を持たれているようでしたら、違うライフスタイルや価値観に触れる機会を作ってみてほしいと思います。

ありがとうございました!

ランキングに参加しています!
カトウ
ポチっと押して応援を!
よろしくお願いします!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

SPONSORED LINK



気に入ったらシェア!